AX .odbファイル起動時に指定のフォームを開く −LibreOffice Base−

.odbファイル起動時に指定のフォームを開く −LibreOffice Base−

以下のマクロを記述。
「●●見かけのフォーム名●●」のところは「Form_Main」等、指定したいフォーム名に変える。
マクロを割り当てる際は、メニューの「ツール」→ 「カスタマイズ」→ 「イベント」タブ→「文書を開いた時」にマクロ名を割り当て。

' 起動時に指定のフォームを開く
Sub Auto_FormOpen( )
    Dim ObjTypeWhat as Variant
    Dim ObjName As String
    ObjTypeWhat = com.sun.star.sdb.application.DatabaseObject.FORM
    ObjName = "●●見かけのフォーム名●●"                     '見かけのフォーム名(呼び名)
    If ThisDatabaseDocument.FormDocuments.hasbyname(ObjName) Then    'フォームがあるか確認
        ThisDataBaseDocument.CurrentController.Connect()                            'データベースに接続
        ThisDatabaseDocument.CurrentController.loadComponent(ObjTypeWhat, ObjName, FALSE) 'フォームを開く
    Else
        MsgBox "指定されたフォームが見つかりません。" + chr(10) + "Form Name = " & ObjName , 16, "エラー"
    End if
End Sub

基本的にはJA福岡市のPDF(実践編)に記述のとおりなんですが、コピペしづらいPDFだったので、自分用のメモとして。

( LibreOffice 6.2.0.3 / Linux Mint Debian Edition3(LMDE3)”Cindy” )

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280