AX SQLを実行するマクロ(SELECT) −LibreOffice Base−

SQLを実行するマクロ(SELECT) −LibreOffice Base−

“No”、”name”という2つのフィールドを持つ”T_main”というテーブルの、”No”が「3」のレコードを抽出して、そのレコードの”name”のフィールドの中身を表示する例。

Sub Select_Sql
	Dim dstr as string
	Dim tmpstr as string
	Dim oResult As Object
	Dim fldIndex as Long
	Dim sql as string
	sql = "SELECT * FROM ""T_main"" WHERE ""No"" = 3"
	oResult = ThisDataBaseDocument.DataSource.getconnection("","").createstatement.executequery(sql)
	If IsNull(oResult) Then
		msgbox "該当するデータは存在しません。",,""
	Else
		if oResult.next() then
			fldIndex = oResult.findColumn("name")
			dstr = oResult.getstring(fldIndex)
			msgbox dstr
		else
			msgbox "データは1件も抽出されませんでした。",,""
		end if
	end if
End Sub

LibreOffice BASE は使えるか? (2) マクロで、SQL実行 – Qiita
Libre Office の Base をマクロで使う −Base データの読込み−
上記サイトを参考に作成。

( LibreOffice 6.2.4.2 / Linux Mint Debian Edition3(LMDE3)”Cindy” )

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280