AX フィルターに対応するレコード件数を取得するマクロ(関数) −LibreOffice Base−

フィルターに対応するレコード件数を取得するマクロ(関数) −LibreOffice Base−

Libre Office の Base をマクロで使う-Base データの読込み- より


関数は、下記。

Function GetDBRecCount(ByVal tblname as String, ByVal filterstr as String) As Long
	Dim Doc as Object
	Dim Form as Object
	Dim Connection as Object
	Dim Statement as Object
	Dim ResultSet as Object
	Dim sqlstr as String
	Dim dstr as String
	Dim recs as Long

	filterstr = Trim(filterstr)
	If filterstr = "" Then
		sqlstr = "Select Count(*) from "+tblname
	Else
		sqlstr = "Select Count(*) from "+tblname+" where "+filterstr
	End If

	Doc = ThisComponent
	Form = Doc.getDrawPage().getForms().getByName("MainForm")

	REM ***** SQL接続 *****
	Connection = Form.ActiveConnection
	Statement = Connection.createStatement()
	ResultSet = Statement.executeQuery(sqlstr)

	If IsNull(ResultSet) Then
		recs = 0
	Else
		ResultSet.next()
		dstr = ResultSet.getString(1)
		recs = CLng(dstr)
	End If

	ResultSet.Close()
	Statement.Close()

	GetDBRecCount = recs
End Function 

関数使用時の例。
「T_member」というテーブルの「name」フィールドに”鈴木”さんが何人いるかをカウントする場合。
フォームのボタンに割り当てて使ってください。

Sub NameCount
	Dim recCount as Integer
	ofilter = """name"" like '%鈴木%'"
	recCount = GetDBRecCount("T_member",ofilter) 
	msgbox recCount & "件"
End Sub

 

件数取得のマクロは、別のタイプのものもあり。

 

( LibreOffice 6.2.4.2 / Linux Mint Debian Edition3(LMDE3)”Cindy” )

スポンサーリンク
広告336×280
広告336×280

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336×280